コマツきかくについて

 

女帝と呼ばれた女、小松ミムルの作・演出による異色ユニット。2002年「コマツ企画」として旗揚げ。毎回がらりと作風や演出を変えていくのが特徴とうたわれた。

演技指導に重きを置き、なかなかな個性派男優らを輩出するも2012年より一人になり演技修業を追求中。一人芝居シリーズ中は「コマツ企画」から「コマツきかく」と名前を微妙に変更。


2009年1月「汝隣人に声をかけよ」で佐藤佐吉賞最優秀演出賞受賞。
2009年8月「ヴェニスの呆人2009」こまばあごら夏のサミット選出、上演。
2010年9月「よわいもんいじめ」MITAKA Next Selection11th選出、上演。

2012年2月コマツ企画ゼロ「レイプの夜」下北沢演劇祭参加。

2012年12月スズナリ一人芝居「明日に殺される」より一人で活動。

「コマツきかく」に変更

トップページ